札幌テニス協会

札幌テニス協会 概要

沿革

設立年月日 昭和13年2月1日
札体協加盟 昭和13年4月1日

設立目的

大正末期から昭和初期にかけて小樽、札幌を中心に硬式テニス熱が高まり、一般愛好者並びに北大本科、医学部関係者が中心となり"テニスの普及発達をはかると共にテニスを通じて豊かな精神を育み会員相互の親睦と健康で明るい社会生活に寄与すること"を目的に設立された。

現況・活動

平成16年総会に於いて会長大橋義平 理事長山下宏体制となり平成18年度各種会員総数3630

(1)主催大会 14
札幌B級室内大会・ジュニア春期大会・札幌市民大会・北海道中学テニス団体戦大会
札幌ベテランダブルス大会 等
(2)主管大会 25
室内ジュニア選手権大会・春季ジュニアシングルス大会・北海道都市対抗大会・小学生テニス選手権大会・中学生テニス選手権大会・札幌テニス選手権大会・実業団対抗テニス大会・北海道B級大会・北海道ベテランダブルス大会 等
(3)その他の大会 10
北海道室内テニス選手権大会・北海道高齢者
スポーツ大会テニス競技・テニスの日
親子ふれあい教室 等

(4)日曜並びに夜間講習会 年間30回実施

(5)ジュニア強化
レベルアップ講習会(対象 高校生、指導者 参加人数 高校生200名、指導者15名)
強化練習会(対象 トップジュニア ナショナルトレーニングセンター指導者などを招き 年5回程度開催)

課題と将来展望

第1に会員及び札幌市民に良いテニス環境を提供する事。幸い札幌市から管理を委託されている中島公園テニスコートはアカシアの大木に囲まれた最高のアンツーカーコートです。このコートは体に優しく老若男女安心してプレーを楽しむことができます。毎年シーズン前にコートの改修工事を行い快適なコートを維持しています。ただ雨などで使用が長く制限される事もあり、コートサーフェースについての検討も必要と思われます。

第2にテニスプレーヤーの技術向上を図ること。この為には、初心者講習会は勿論のこと、中上級者講習会等も実施し、平常初心者がコートに来れば上級者が相手をすることをモットーとしています。さらにジュニア選手のレベルアップにも取り組んでいます。

第3にジュニアプレーヤーに対するテニス環境の改善
札幌はジュニアを中心にテニス人口が増えていると共にレベルも向上して来ており、全国に通じる選手が出てきております。

然しながら中学校でのテニスは中学校体育連盟に加盟していない為、ジュニアプレーヤーが中学進学とともに部活では他の競技を選択せざるを得ない状況があります。より多くの中学校で部活動としてテニス取り上げてもらい、多くの中学生にテニスを楽しんでもらう事を目標に、中学校団体戦大会を主催しています。多くの中学校の先生のご協力をいただいて毎年開催しています。今年で16回目を迎えましたが、漸く12校、31チームの参加にまで成長して来ました。中学校テニス競技が中体連に加盟出来、中体連の全国大会が実現する様努力しております。

事務局連絡先

郵便番号 064-0915
住所 札幌市中央区南15条西4丁目 中島公園庭球場内
団体名 札幌テニス協会
電話 011-531-5163
FAX 011-511-3119
HP http://www2u.biglobe.ne.jp/~stahome