札幌市弓道連盟

札幌市弓道連盟 概要

沿革

設立年月日 昭和8年4月1日
札体協加盟 昭和8年6月17日

設立目的

日本古来の弓道を普及振興すると共に、武道としての弓道を通じて心技体を究め、礼法に則り人間形成の実践に努め、会員相互の親和を図ると共に社会文化の進展に寄与する。

現況・活動

札幌弓道連盟は、札幌市と近隣の4市1町を含む広域連合として構成されています。当連盟は、北海道弓道連盟を構成する北海道弓道連盟中央地区に加盟しています。当連盟の会員数はこの数年間約2千人で、その半数は高校生会員です。

当連盟の事業は各種大会と講習会が中心となっています。主な大会は月例会、札幌市民大会、札幌弓道連盟大会等があります。さらに北海道神宮古式大的式の奉納や関連団体との対抗試合、上部組織の実施する各種大会があります。

講習会は、高校生対象の基礎講習会を年6回、一般・大学生対象の講習会を年2回開催しています。

また、札幌市中央体育館では初心者も含めた練習会を火曜日と金曜日、中学生対象の弓道教室を金曜日に実施しています。北海道立総合体育センターでは、年2回の弓道教室を開催しています。近隣4市ではそれぞれの道場で事業を実施しています。

弓道は、射距離28mの近的競技と60mの遠的競技があり、日常は近的競技を行っています。主な活動場所は、北海道立総合体育センター弓道場、札幌市中央体育館弓道室、札幌市西区体育館弓道室、札幌市東区体育館弓道室で、近隣市町にも弓道場があります。

課題と将来展望

国民体育大会の競技種目である遠的競技の常設道場の整備が長年の希望です。

また、高校生と大学生の弓道人口は増加していますが、進学や就職などにより活動の中断や停滞が多いので、活動の継続と早期の再開が出来る環境の整備が課題となっています。

事務局連絡先

郵便番号 064-0951
住所 札幌市中央区宮の森1条10丁目6-1-410 榎本様方
団体名 札幌市弓道連盟
電話 011-676-5788

活動写真