一般社団法人札幌カーリング協会

一般社団法人札幌カーリング協会 概要

沿革

設立年月日 昭和57年11月17日
札体協加盟 平成5年4月1日

設立目的

前身の札幌カーリング協会は昭和57年に設立。 札幌市民の生涯スポーツとしてのカーリングの普及とともに、世界に通用する選手を札幌から送り出したいと、ジュニアからの選手育成強化を目標に活動してきました。 平成24年5月、通年型カーリング専用施設の開業にあたり、札幌カーリング協会を発展的に解消し、一般社団法人札幌カーリング協会として生まれかわりました。

現況・活動

平成24年9月15日、札幌市豊平区月寒に公共施設として日本で初めての通年型カーリング施設がオープンしました。 札幌市からカーリング普及推進事業を受託し、初心者のためのカーリング無料体験会・カーリング教室を定期的に開催しています。 今後はカーリングを気軽に体験し、生涯スポーツとして生活に取り入れていただくことを目指しています。 また、今まで活動の拠点としておりました美香保体育館も11月から3月末まで週1回程度の一般開放が継続されており、こちらは予約もいらず、初心者には指導員が対応しています。

協会は週1回プレーを楽しむ会員から、オリンピックを目指す大学生チーム・社会人チームまで幅広い層で構成されています。 市民大会・協会長杯・サッポロオープン、といった市民向け大会、また日本選手権への代表選考会である札幌選手権等様々な大会を主催し、各レベルで楽しんでおります。 種目としても21歳以下のジュニア・50歳以上のシニア・男女混合のミックスダブルス・車いす等、小学生から高齢者まで、健常者と障害者も、ともに楽しむことができる生涯スポーツとして幅広い層に広がりを見せています。

課題と将来展望

会員の長年の夢だった通年型の専用施設が札幌に誕生しました。 画期的な施設として道内はもとより全国から期待されており、道内各地で育ったジュニアの選手が進学・就職のため札幌に住みながら選手生活を続け、世界を目指すことができます。

今まで育てられなかった小学生から高校生までのジュニア層を増やし、札幌からオリンピック選手を搬出、またシニア層にも生涯スポーツとして根付かせたいと考えています。

またアクセスの良さ・ホテル等の宿泊環境などから、国内・国際的な協議会、体験型観光・修学旅行など幅広いニーズに対応することが可能と考えられます。

事務局連絡先

郵便番号 062-0905
住所 札幌市豊平区月寒東1条9丁目 どうぎんカーリングスタジアム内
団体名 一般社団法人札幌カーリング協会
事務局長 佐藤 浩
電話/FAX 011-855-1200
HP http://www.sapporo-curling.org/

活動写真