札幌バウンドテニス協会

札幌バウンドテニス協会 概要

加盟あいさつ

私ども札幌バウンドテニス協会は、この度札幌市体育協会に加盟することを承認されました。札幌市におけるバウンドテニスの普及活動を続けてきて、加盟が認められたことは、私どもにとって大変光栄なことであり、今後の普及振興に意欲を燃やしているところです。

歴史と特色

昭和50年代に入り国民スポーツ振興の機運が盛り上がる中で、ラケットボールを原型に テニスのルールを基本として、狭い場所で、手軽に、誰でも取り組め、しかも運動量のあるスポーツとして開発されました。

バウンドテニスの“バウンド”とは、英語のバウンダリー(限られた場所)から来ており、 テニスコートの6分の1という狭いコートでプレイ出来ることが特色になっています。

その他に競技性を持たせたシングルス、ダブルスのゲームの他、レクリエーション的要素 を持たせた「BTラリー戦」を種目として採用していることが上げられます。

BTラリー戦は、練習段階で初めてラリーが続けられるようになったという最初の感激を そのまま、競技として生かしたものであり、ラリー自体を競技として位置づけています。

普通、試合では相手の打ちにくいボールを返してミスを誘い得点をいたしますが、「BTラリー戦」では、なるべく相手の打ちやすいボールを出し、時間内に何回ラリーが続くかを他のコートと競い合うチーム対抗戦であり、他のスポーツに見られない種目でもあります。

組織と活動

現在、札幌市内に7サークル、愛好者100名で活動しています。

主な事業は、選手権・親善交流の競技会開催をはじめ、日本協会公認指導員・審判員の養成、認定講習会や競技力向上研修会・講習会の開催、全国規模の大会への選手派遣などの諸事業を行っています。

事務局連絡先

郵便番号 061-1273
住所 北広島市大曲柏葉2丁目4-18 岡村様方
団体名 札幌バウンドテニス協会
電話 090-2814-4204
FAX 011-376-2234